固定概念を覆す
女性による女性のための
徹底した意識改革と活動支援

Women Frontierは
国連が掲げるSDGsに向けて第5番項目である
「ジェンダー平等の実現」に特価した女性の社会進出と
活動を支援するコンサルタント集団です。

企業のコンサルテーションの活動実績を持つメンバーが 
女性のための起業から社会情勢、知識、
情報、経済的アドバイスなどを含めて
女性の社会活動の「コンサルティング」
という形式でサポートを行います。

全ての女性と女児のエンパワーメントを図り、
健康や成長等を確保することで
地域・社会に貢献することを目的とします。

*SDGsとは
「Sustainable Development Goals
(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
にて記載された、2016年から2030年までの国際目標です。

女性の笑顔で世界が変わる

「女性が笑ってる街が栄える」をモットーに!
ハワイのように女性が楽しく笑える街が栄え、イスラム圏のように女性が顔を隠したり、インドのカース ト制度のように階級で抑圧されたり、日本の「男尊女卑」の社会では国家の繁栄は望めない。

世界は長年戦争や争いの絶えない競争社会が世界を支配してきました。いわいる「争わせて生産性を上げ る」システムでした。しかし、世界は大きく変わりました。だれも争いを望まない社会に既に変わってい ることに現代の企業人も政治家も気づいていません。

これからの社会は「共生と調和」です。

そのために、女性のちからが大きな役割を果たします。

なぜなら、女性は「愛と調和」を心に持っているからです。 縄文時代、平安時代、江戸時代に共通することは「平和で戦争がなく、活気ある社会で繁栄」していたこ とです。女性の笑いが平和を生むのです。

自己実現のその先へ進もう
女性たちの力で開ける新しい時代へ

現在、日本国内における女性の企業率は、男性の起業80.7%に対し19.3%〚2017年総務省出典〛で、女性社長比率はわずか7.8%と非常に少ないのが現状である。
国内における経済活動を行うに当たり、社会の仕組みは複雑で専門性に分割され、それぞれの専門知識を必要とする。

しかし、これらを習得してからの社会進出は多くの時間と費用が必要で容易ではありません。これは多くの女性が起業したいと思える社会ではありません。
我々はこれらの専門知識や、その女性の個性に合わせたビジネス展開を提案することで女性が安心して起業できる環境を創造しサポートすることを目指します。