「もうそろそろ・・・頼むから女性から変わろうよ。」

最近はそんなもどかしい気持ちになります。

日本では、

女性の権利獲得のために、

男性社会で奔走する時代はすでに終わっている!

権利を獲得するために男性を説得する必要なんてないんです。

女性がすでになんでもできる時代であることを自覚し、
自分の気持ちに従って行動すること

だけです。

もちろん、法的、もしくは、制度的問題は山積みなのでしょう。

しかし、

人口の半数の女性の意識が変わったらどうでしょうか?

法律や制度は、世論が動かしているのであれば、

自然と変わっていくはずです。

日本女性の意識がどう変わればいい?

その答えは

「犠牲」や「我慢」を美徳ととらえずに、

「世のため」「人のため」に自分自身をまずは幸せにすることです。

女性がまずは心地よい状態でなければならない、という意識です。

男性を上や下に置かない、

家族や社会に迎合しない、

従うのは自分

、と言う意識を持つことです。

そのように私が考えるようになった一つの本があります。

2018年ノーベル平和賞の受賞者のナディア・ムラド(Nadia Murad)の

「THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語」です。

ナディアはISISの性奴隷として扱われた絶望的な状態からなんとか逃げ出し、平和活動家として活動を始めました。

国連大使にも任命された彼女が、自叙伝でその壮絶な体験を記しています。

性奴隷として連れてこられた家にいた、自分の母にも似た老女。

彼女は、おそらくナディアが性奴隷である状況を知っているはず。

女性として、それがどれほど辛いことかを、その老女はわかってくれるかもしれない。

哀れんでくれるかもしれない。

そう期待した彼女ですが、冷たい老女の対応にその期待は脆くも崩れ落ちたのでした。

彼女は著書の中で、

「私は彼女を憎んだ。…..、この街を男たちに占領させたからだ。」

と言っています。

要するには、

女性の立場をここまで残酷に貶めたのは、実は女性なんだと。

ISISの女性たちが、「性奴隷はおかしい」、と声をあげていたら・・・と考えずにはいられません。

日本人の私たちにとっては遠いことに思えるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

「女なのに、料理も作れないの?」

と言われた時は?

「女の子なんだから、もっと気を遣ったら?」

と言われたら。

上司に、

「だから、女性は・・・。」

と言われた時は。

引きつった笑顔を見せたり、謝ってみたり。

それどころか、自分を責めたり。

そうやって、言われている女性を、男性と一緒になって咎めたり。

声をあげない、という点に置いては、ナディアの老女と一緒です。

守るものは

目の前にある慣習や男性社会から発せられる言葉じゃない。

自分の心です。

女性としての心地よい感覚です。

違和感があれば、そこで躊躇なく言えること。

真の強さは、男を打ち負かすためにあるのではなくて、

自分が自分であるためにある。

だから、違和感を無視しないで!!!

自分を苦しめる発想や発言を無視しないで。

一人一人がその意識があれば、男性主体の社会は存続していけないはずです。

ましてや、今の日本は、女性が活躍する社会を応援する方向へ向かっているのですから、

今こそ、女性の意識を変えて、日本や世界を変えていきましょう。